アナタのココロを癒す治療|精神病は無理なく治療

医者

新しいタイプを知る

若い世代に増加する心の病

カウンセリング

精神病の代表的なものとしてうつ病があります。その中でも、最近若者によく見られる病気があります。それは新型うつ病というものです。逃避型うつ病や非定型うつ病など、さらに細かく分類されることもある病気です。ふつう、うつ病という精神病では、食欲が落ちて夜もよく眠れなくなるのが一般的です。仮に仕事を休職できたとしても、精神病の症状が改善されるとは限らず、以前は楽しんでいた趣味なども全くする気になれなくなります。しかし、新型うつ病では、むしろ食欲が増進して過食気味になったり、必要以上に寝過ぎてしまったりするのです。疲れやすくて体がいつもだるいという点は、従来の精神病であるうつ病と同じです。ところが、新型うつ病の場合は、気分がひどく落ち込んでいても本人にとって楽しいことが起こったり、休職して仕事を離れたりすれば比較的簡単に気分が回復します。趣味などの好きなことには、積極的に取り組む姿勢も見られます。このような独特の症状と、また、20代から30代の若い世代に多いということから、新型うつ病は他人から見れば若者のわがままとも思われがちです。専門家の間でも、この病気を精神病と位置づけるかどうかという点で意見の対立があります。しかし、現在多くの若者がこの病気で悩んでいるのもまた事実です。

サラリーマン社会の病気

新型うつ病の中には、職場結合性うつ病と呼ばれるものがあります。これは職場でのストレスをためることによって、若い世代の人々がうつ病を発症するというものです。20代から30代くらいの年代では、まだ仕事も一人前とはいえない場合もあり、上司や同僚との関係性に悩み、しだいに「自分はダメな人間だ」「自分は本当ならもっと完璧にできるはずなのに」などという考えに陥りやすいものです。そうすると周囲と自分を比較して焦りや不安にさいなまれたり、周囲の人は自分の価値をきちんと認めてくれていないと思い込んだりしてしまうのです。このような状態が続くと、心身ともに疲労が重なり、ついには希死念慮にまで発展する例もあります。現時点では、新型うつ病が精神病であることに異論がないわけではありませんが、このような事態になったら、精神病として適切に対応する必要があります。このように、新型うつ病は現代のサラリーマン社会に根ざした精神病ともいえるため、これからも罹患する人は増加していくと予想されます。