アナタのココロを癒す治療|精神病は無理なく治療

医者

心の病気

まずは受診

悩み

心が疲れているという自覚がある場合は、まずは専門の医療機関を受診するようにしましょう。精神病は一般的に治療が長期間続くケースが多いので、早期治療を施す方が改善への近道になります。もっともそうは言っても、やはり病院に行くということに抵抗感を覚えたり、いったいどこを受診すれば良いのか悩むこともあるようです。そういった場合は、メンタルクリニックや心療内科、精神科や神経科などが良いですが、かかりつけの医者に相談して紹介してもらうというのも良いでしょう。また医療機関では敷居が高いと思うならば、精神保健センターなどの精神病に関する相談所もありますので、そういったところに出向くのも良さそうです。また話を聞いてもらうだけでも症状が改善することもあるので、家族や親しい人に話をしてみるのも良いでしょう。しかしそうは言っても身近な人の場合は否定してきたりする可能性もあるので、やはりカウンセラーや医者などの専門家と話す方が無難です。ちなみに直接向かい合って話すのが苦手な場合には、電話相談やインターネットでのメール相談などもありますので、利用してみると良いでしょう。

自分でできること

精神病といっても、症状が軽度だったり自分自身で自覚してコントロールがある程度可能ならば、セルフケアでも改善効果が期待できることもあります。まず体を動かすことで、心の悩みが一時的でも忘れられたり、気分が改善されることもあります。もっとも運動といっても激しいものではなく、簡単なストレッチ程度でも十分ですし、散歩やウォーキングなどでも良いでしょう。あとはできるだけ朝型の生活習慣にするようにした方が良さそうです。もっともいきなり朝型にすると、無理が生じてリズムがますます崩れかねないので、最初は眠い時に眠るようにしてもかまわないので、だんだん夜に眠ることができるようにしていくと良いでしょう。そして趣味などの好きなことをすることも大切ですし、医療機関の受診は定期的に継続し、薬は医師に指示された通りに服用するようにしましょう。あとは少しでも不安を感じたなら、無理をせずに医療機関で診察を受けることも大切ですし、とくに回復期は完治しそうだからといきなりはりきって全力で動くのではなく、ゆっくりと徐々に慣れるようにして、精神病を克服するように心がけましょう。