アナタのココロを癒す治療|精神病は無理なく治療

医者

目に見えない

心の変化で気がつく

医療

現代社会において精神病は増加傾向にあると言われています。これはストレス社会とも呼ばれる現代社会の特徴的社会構造と、家族の絆の希薄化など、様々な要素が因果関係として考えられています。特に多くの精神病は家庭環境によって発症形態が異なっているとも言われており、両親との関係性や、親族との繋がりが大きく影響しているとも考えられています。その次に仕事上での人間関係が大きく関係しており、職場においてのトラブルなどが重なり精神病となっている患者も多いと言われています。ただ、原因がある場合は必ずどこかに対処法もあるはずです。そのため病気だと言って落胆せずに中長期的な観点で楽観的思考を持ち、極力ポジティブ思考を継続させる努力をする事が大切です。またストレスや批判に強い体質、思考を作っていく事なども大切であると言われています。他にも精神病の一部においては、患者の体質や体調、食生活などの変化からも現れる病気とも言われています。そのため、毎日の食生活を見直してみたり、適度な運動を心がけたり睡眠時間を増やしたりする事も効果的であるとされています。様々な観点から原因を探し、長い時間をかけて継続的に治療を行っていくことが大切です。

変化の見つけ方

精神病に患っているかどうかを確認するためのポイントがいくつかあります。精神病を患っていかどうかを疑うポイントとして「会話をするととても疲れを感じる」「言葉遣いが荒い」「攻撃的性格になる」「独り言が多くなった」など、様々なポイントがあります。あまり神経質になりすぎるのはもちろん良くありませんが、何度も継続的に上記のような行動のパターンが現れている場合には注意が必要だと、あらかじめ認識しておく事も大切です。本人に確認する際も、上記のような行動を本人自身もわかって行動している場合もあるため、最初はあまり角が立たないような伝え方を心がけて配慮をする事も大切です。「わかっている」などと言われても、その時点から自分の行動に気がついて行動が少しずつ改善してゆく事もあります。行動改善に気がつかせる場合にはできるだけ時間をかけ、最初はなるべく穏やかに改善させてゆく事が大切です。多くの精神病は嫉妬心などと複雑に絡み合っており、継続的な要因とも併せて複雑になっている事もあります。行動の特徴的変化に気がついた場合にはなるべく無理せず、医師に相談することが大切です。医薬品による治療なども有効的である場合があるため、心配なら無理せず専門の心療内科などに相談してみましょう。