アナタのココロを癒す治療|精神病は無理なく治療

医者

配偶者や恋人への病的嫉妬

配偶者や恋人への病的嫉妬

落ち込み

精神病の種類は数多くありますが、その中にオセロ症候群と呼ばれる精神病があります。オセロ症候群の主な症状は、配偶者や恋人への病的な嫉妬と言われており、幼少期に親や友人など身近な方にひどい扱いを受けた方が発症しやすい病気だと言われています。また、幼少期だけでなく、大人になって信頼していた方から裏切られた際に発症することもあります。嫉妬の原因は過去にあるのは間違いありませんが、その理由は人それぞれありますが、一つだけ共通しているものがあります。それは孤独への不安です。嫉妬はそれ自体が苦しく、お互いの幸福感を奪っていくものではありますが、嫉妬する側の孤独への不安を解消することが出来れば、良好な関係に戻ることが可能です。それでは、どのようにすれば孤独への不安を解消することが出来るでしょうか。その方法は一つではありませんが、最も確実なのは、理解あるパートナーに恵まれるということです。世の中には、過去の辛い経験を理由に、オセロ症候群を発症し苦しんでいる人がたくさんいます。しかし、その人たちの症状に対して、パートナーが苦に思わなかったり、理解があれば、問題はないのです。

オセロ症候群の治療

先に述べたとおり、オセロ症候群は、パートナーにさえ恵まれれば問題のない病気です。しかし、実際には病的な嫉妬持ちであり、精神病の類であることに変わりはないため、治せるものならば治したいと思う人が多いのが実情でしょう。パートナーへの負担も考慮すれば尚更のことです。オセロ症候群の治療のためには、PTSD治療や、認知行動療法などがあります。過去の辛い記憶やトラウマが脳内で長期化してしまった場合、それを自力で解消するのは困難と言われています。そのような場合は、何をしても悪循環になることもあるため、主観的であることをある程度放棄して、客観性を取り戻すことを考えると治療のために良いでしょう。外部の反応を見て、自分の行動や言動が、著しくそこから外れているようであれば注意が必要です。そのような場合は、専門家の指示を仰いだり、他人の意見を意思決定のためのファクターとして取り入れてみるなどすることが大切かもしれません。精神的な病気を治療する際には、精神科の先生にカウンセリングを受けてみると良いでしょう。